ヘプタリンク・プロジェクトは学生支援を目的としたインターンシップの新しいスタイルです。

「会ってみたい人」くらいいるでしょう?

ヘプタリンク・プロジェクトを起ち上げる前は
「最近の学生はやりたいこともないのか?」、
「まったく“ゆとり世代”ってやつは…」、
「甘やかされて育ってきたからぼんやりしてるんだろ。」
そんな風に思っていました。

だからこそ就活イベントや大学のワークショップ等、
多くの学生たちと出会う場に出向き
多くの学生たちと会話をしました。

そして気付きました。

ごめん!

よく考えたら自分たちも君たちと同じ歳の頃、
明確に「やりたいこと」や「将来の夢」なんて描けていなかった。

今までの認識は間違っていました。
学生たちは学生たちなりに悩んでいるし、将来に対して不安を感じ
思っている以上に多くのことを考えていると知りました。
もちろん全ての学生と話した訳ではないので
一概には言えないかもしれないけれど、
この「悩んでいる学生たち」に何か支援は出来ないか?

そんな学生支援を目的に発足したのが
ヘプタリンク・プロジェクトです。

経験と体験

「最初の一歩はその道の半分に値する」と言われます。
夢や大きな目標ははじめる前から「難しい」と考えすぎてスタートしにくいものです。
だから最初の一歩目を応援したいと思います。
その最初の経験こそが一番の体験談となり人の魅力となるのです。

価値観と刺激

「違い」は「間違い」ではありません。
社会に出て人と出会う中で、自分とは価値観の違う人とも出会うでしょう。
価値観が違うから「間違い」ではなく、「刺激」くらいに受け止めて受容しましょう。
価値観の違う人と出会う事こそ一番の成長につながるのです。

熱意とテクニック

社会に出て一番大切と言われる「コミュニケーション能力」は
まさに会話のテクニックであると言えます。
そのテクニックの中でも一番の武器となるのが「熱意」です。
あなたの「熱意」を伝える事が人との距離を縮めます。

人脈と財産

人との出逢いこそが全ての事象で一番の財産です。
“好きな人”からも“嫌いな人”からも、自分次第で学びを得る事が出来ます。
人脈とは「誰を知っているか」ではなく「誰に知られているか」です。
相手の印象に残る様な出逢いを創り財産に変えていきます。

「最初の駅」までのレールは私たちが引きます。
そこから先、目的地までのレールは
君たち自身が引いて行くのです。
わからなかったら各駅で聞いてください。
それがおそらく夢の叶え方となるでしょう。

■ ヘプタリンクプロジェクトはビアンコネロ株式会社が企画立案し、学生による運営メンバーが実行しています。